古民家がこだわりの住宅に!リフォーム時にチェックしたいポイント

>

どの部分をチェックすべき?

こんな古民家はNG

コスパも良く、自分のこだわりを反映させられるのは大きなメリットですが、何の考えも無しに古民家を購入すると必ず痛い目にあいます。いくら古民家が安いと言っても相場は数千万円なので、慎重に選びたいものです。
まずチェックして欲しいポイントは土台です。どんなに良い素材、住宅でもその住宅を乗せている土台がダメだと必ずトラブルが生じます。特に腐食には気をつけ、土台が湿っていたり嫌な臭いがしたりする場合は注意が必要です。
どうしてもその住宅に住みたいのなら、大掛かりな工事をすれば良いですがそうなるとコスト面は期待出来なくなります。そして古民家の大きさや間取りよりも、立地している場所と周りの環境は必ずチェックして下さい。

人気リフォームのチェックポイント

リフォームをするに当たって、どんな施工が人気なのでしょうか?古民家をリフォームする場合、まず生活動線を意識します。古民家は小さな部屋が多く、リビングに当たる今がこじんまりしているケースがほとんどなので、それをぶち抜いて大きなリビングを確保するのが近年のトレンドです。
また和の趣を残しつつ、趣味の部屋にしたり畳間を設けたり古民家ならではのリフォームがあります。通常の住宅のリフォームで人気の欧風キッチンなどはあまり人気が無く、あくまでも趣を残した状態にするのがトレンドの様です。
施工業者によっては施工例を写真付きで公開しているのでイメージが固まらない方だったり、迷いがあったりする方は参考にしてみるのも良いです。


SHARE!